お気持ちっていくら?お葬式のお布施はみんないくら払ってる!?全戸地域別僧侶に渡すお布施金額事情

どうも山崎レモンサワーです。

自分は祖母の法要の際に、おやじが大枚をつつんで、偉そうにふんぞり返っている寺の坊主に渡すのを目の当たりにして、いつも嫌な気分になってました。

もちろんいいお坊さんもいて、この方たちも、生活があるのだからお経をとなえてもらったら、お金を払う。これは当然のことです。

じゃぁ、何がモヤモヤするか・・・

ぜんぜん、オープンじゃない。
既得権益に守られてるだけの、古いビジネスだなと感じています。

適正な金額でいいサービスをしてくれるお坊さん、お寺を自分で選べるような制度にすべきです。

何がお気持ちだよ、何が檀家制度だよ、遺骨の人質かよ・・
と考えてしまう人が増えているのも、納得です。

今日は、葬儀・終活のメディアを運営するものとして、日々情報を収集する中で、いつもお世話になっている雑誌、「日経おとなのOFF」の2016 No.188「どうする?葬式?&墓じたく」から、とてもいい調査をされて掲載されていたので、それを引用という形でまとめたいと思います。

「おとなのOFF」とてもいい雑誌です。
皆さん買って読んでみてください。

全国地域別 葬式のお布施 金額一覧(おとなのOFF調べ)

地域 お布施金額平均
北海道 28万円
東北(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島) 31万円
北関東(千葉・茨城・栃木・群馬) 35万円
山梨県 35万円
東京都 43万円
埼玉・神奈川 40万円
新潟県 15万円
長野県 28万円
富山・石川 18万円
福井県 28万円
東海(渋岡・愛知・三重) 23万円
岐阜県 18万円
大阪府 27万円
兵庫県 21万円
京都府 20万円
滋賀県 29万円
奈良県 20万円
和歌山県 18万円
鳥取・島根 13万円
岡山・広島 18万円
山口県 32万円
四国(徳島・香川・愛媛・高知) 18万円
福岡県 28万円
佐賀県 29万円
長崎県 23万円
熊本県 18万円
大分県 23万円
宮崎県 17万円
鹿児島県 7万円
沖縄県 5万円
全国平均 23万円


お布施の金額は地域差が大きい。
最も高いのは東京。
実際に都内の葬式で渡される「袋の中身」キリのいい金額で「30万円」か「50万円」のいずれかが多い。

だが、当然収入状況によっても異なる。

「生活が苦しい檀家さんの葬式で、お布施をいただかないケースもありました。(東京の僧侶)」

一方で高額所得者ならば「100万円」という金額も珍しくはない。

広島と島根との県境にある浄土宗寺院の住職は明かす。
「山陰では葬式一式5万円という地域があります。
一方、県境を超えて広島に呼ばれた場合、20万円以上もらえることが多い。
広島で葬式があったときは、内心うれしくなります。」

意外に多いのは東北地方。
これは普段の法事ではあまり包まず、葬式の際に「法自分もまとめて手渡す」文化だからだという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です